Tokyo <span>Multicultural</span> Church

Tokyo Multicultural Church

Christ Centered :: Bible Based :: Disciple Makingみんなのためのキリスト教会東京多元文化基督教會

Homeホーム首頁
Sundays日曜日主日
Newsニュース最新消息
Photos写真照片
AboutTMCについて教會介紹
Find Us案内如何抵達
ContactEメールClick and type your translation here

Gospel Truths

The statement of faith of Tokyo Multicultural Church is the 2008 statement of faith of the Evangelical Free Church of Canada (EFCC).*
English version:
SoF_Eng.pdf.

God’s gospel originates in and expresses the wondrous perfections of the eternal, triune God.
1. We believe in one God, Creator of all things, holy, infinitely perfect, and eternally existing in a loving unity of three equally divine Persons: the Father, the Son and the Holy Spirit. Having limitless knowledge and sovereign power, God has graciously purposed from eternity to redeem a people for Himself and to make all things new for His own glory.

God’s gospel is authoritatively revealed in the Scriptures.
2. We believe that God has spoken in the Scriptures, both Old and New Testaments, through the words of human authors. As the verbally inspired Word of God, the Bible is without error in the original writings, the complete revelation of His will for salvation, and the ultimate authority by which every realm of human knowledge and endeavour should be judged. Therefore, it is to be believed in all that it teaches, obeyed in all that it requires, and trusted in all that it promises.

God’s gospel alone addresses our deepest need.
3. We believe that God created Adam and Eve in His image, but they sinned when tempted by Satan. In union with Adam, human beings are sinners by nature and by choice, alienated from God, and under His wrath. Only through God’s saving work in Jesus Christ can we be rescued, reconciled and renewed.

God’s gospel is made known supremely in the Person of Jesus Christ.
4. We believe that Jesus Christ is God incarnate, fully God and fully man, one Person in two natures. Jesus—Israel’s promised Messiah—was conceived through the Holy Spirit and born of the virgin Mary. He lived a sinless life, was crucified under Pontius Pilate, arose bodily from the dead, ascended into heaven and sits at the right hand of God the Father as our High Priest and Advocate.

God’s gospel is accomplished through the work of Christ.
5. We believe that Jesus Christ, as our representative and substitute, shed His blood on the cross as the perfect, all-sufficient sacrifice for our sins. His atoning death and victorious resurrection constitute the only ground for salvation.

God’s gospel is applied by the power of the Holy Spirit.
6. We believe that the Holy Spirit, in all that He does, glorifies the Lord Jesus Christ. He convicts the world of its guilt. He regenerates sinners, and in Him they are baptized into union with Christ and adopted as heirs in the family of God. He also indwells, illuminates, guides, equips and empowers believers for Christ-like living and service.

God’s gospel is now embodied in the new community called the church.
7. We believe that the true church comprises all who have been justified by God’s grace through faith alone in Christ alone. They are united by the Holy Spirit in the body of Christ, of which He is the Head. The true church is manifest in local churches, whose membership should be composed only of believers. The Lord Jesus mandated two ordinances, baptism and the Lord’s Supper, which visibly and tangibly express the gospel. Though they are not the means of salvation, when celebrated by the church in genuine faith, these ordinances confirm and nourish the believer.

God’s gospel compels us to Christ-like living and witness to the world.
8. We believe that God’s justifying grace must not be separated from His sanctifying power and purpose. God commands us to love Him supremely and others sacrificially, and to live out our faith with care for one another, compassion toward the poor and justice for the oppressed. With God’s Word, the Spirit’s power, and fervent prayer in Christ’s name, we are to combat the spiritual forces of evil. In obedience to Christ’s commission, we are to make disciples among all people, always bearing witness to the gospel in word and deed.

God’s gospel will be brought to fulfillment by the Lord Himself at the end of this age.
9. We believe in the personal, bodily and glorious return of our Lord Jesus Christ with His holy angels when He will bring His kingdom to fulfillment and exercise His role as Judge of all. This coming of Christ, at a time known only to God, demands constant expectancy and, as our blessed hope, motivates the believer to godly living, sacrificial service and energetic mission.

God’s gospel requires a response that has eternal consequences.
10. We believe that God commands everyone everywhere to believe the gospel by turning to Him in repentance and receiving the Lord Jesus Christ. We believe that God will raise the dead bodily and judge the world, assigning the unbeliever to condemnation and eternal conscious punishment and the believer to eternal blessedness and joy with the Lord in the new heaven and the new earth, to the praise of His glorious grace. Amen.

*The EFCC is an association of autonomous churches united in a common commitment to God’s evangel—the gospel of Jesus Christ, who died and rose again to give us eternal life. To God’s glory, the gospel is the power of God for the salvation of everyone who believes. The EFCC's essential theological convictions are vitally connected to this gospel.

Vision

A CHURCH IN TOKYO FOR MANY NATIONS

A church for many nations in the world's largest megacity makes sense. This is because the residents of Tokyo are increasingly diverse. The Lord is bringing people from all over the world to live in Tokyo. Furthermore, many Japanese people in Tokyo are internationalized—especially those who have lived outside Japan and have therefore gained a new perspective.

Tokyo Multicultural Church celebrates this cultural diversity in the midst of this country famous for conformity. TMC desires to display the multi-faceted glory of God by worshiping and obeying Jesus in a warm and welcoming multicultural setting. TMC will eventually have multiple language-specific departments (English, Japanese, Chinese (Mandarin and/or Cantonese), Tagalog, Portuguese, etc.).

God himself plans for heaven to be a community of diverse multicultural worshippers:

After this I looked and there before me was a great multitude that no one could count, from every nation, tribe, people and language, standing before the throne and in front of the Lamb. They were wearing white robes and were holding palm branches in their hands. And they cried out in a loud voice: “Salvation belongs to our God, who sits on the throne, and to the Lamb.”
(Rev 7:9-10, NIV)

While we journey toward that culturally diverse kingdom we can join hands in the worship and service of our King right here in Tokyo.

TMC PHASES

Four words capture the church planting phases of TMC: envisioning, embarking, establishing, and enlarging.

We have been in the envisioning phase since 2008. The embarking phase has now begun (2013). By 2017 we hope to have worked through the establishing phase so that we can begin the enlarging phase in 2018. The enlarging phase entails beginning the same four phase process at another location in Tokyo.


Leadership

TMC leadership discussion is open to regular attenders, but key decisions are made by members. Eventually, an all-church leadership team will be selected from among the members.

As TMC adds language-specific departments, each will have its own leadership team that operates in its own language. However, English will be the language of the all-church leadership team.


Stacks Image p5856_n2

Dale Ann Little夫婦

Dale Little牧師和 Ann師母是TMC植堂的夫婦。他們於1984年起在日本宣教事奉,Ann師母來自開普伊麗莎白、緬因州,而Dale牧師則是出生並成長於日本的宣教士子女、他從英屬哥倫比亞溫哥華中成為加拿大公民。他們的三位兒女、現全居於美國。

更多認識Dale Ann 夫婦: http://tokyolittles.net/about/
Dale 牧師的學術研究: http://itheology.net/cv.html
Stacks Image 1036

Duane Dietze

Duane has led TMC’s Japanese Department since June 2014. He began his ministry in Japan with EFCA ReachGlobal in 1986. Prior to being seconded to the EFCCM and TMC, he served as a church planter in the Nagoya area, Kyoto, Ueda in Nagano Prefecture, and Fukuoka. A native of Milwaukee, Wisconsin, USA, he did his graduate theological studies at Trinity in Chicago, Illinois, USA.
Stacks Image 5831

Jon Prins

Jon serves with the EFCCM and has provided TMC with intercultural insight since February 2016, teaching and leading in all departments. He was raised in Japan as a “missionary kid.” He did his graduate theological studies at Trinity in Chicago, Illinois, USA. After church planting in Japan for twenty years with EFCA ReachGlobal, mostly in the Kansai, he served for ten years as a cultural consultant for a university campus Christian ministry in greater Minneapolis, Minnesota, USA. During those years his wife died of cancer. He has three children and two grandchildren.
Stacks Image 5843

Kevin & Grace Hui

Kevin is helping to launch TMC’s Chinese Department. Kevin and Grace are members of the EFC Macau Gospel Center and were sent from the EFC Macau Mission to TMC in the spring of 2017. Kevin holds a Portuguese passport and Grace is a citizen of China Macau. Kevin graduated from the English theology and culture program of Tokyo Christian University in 2015. During his internships he was placed at TMC’s primary partner church, Musashino Chapel Center (English Department), and TMC.

Connections

PRIMARY PARTNER CHURCH

The primary partner church of TMC is the English Department of Musashino Chapel Center (MCC), located near Kichijoji station. The dream of TMC was birthed at the MCC leadership team level, beginning at least in 2008. TMC and MCC have various ways of connecting, including at an annual mothers day picnic.

OVERSEAS PARTNER CHURCHES

TMC also has five overseas (outside Japan) partner churches that have made a financial commitment of at least $100 per month for TMC facility costs over four years. TMC continues to seek overseas partner churches!

Cayucos Community Church (an EFC in Cayucos, California)
Peoples Church (an EFC in Pinckney, Michigan)
Trinity EFC (Woodbridge, Connecticut)
First EFC of Maine (Westbrook (greater Portland), Maine)
Watertown EFC (Watertown, Minnesota (just outside Minneapolis))

TMC most closely reflects the EFC of Canada and the EFC of America, and is a partner ministry of the EFC of Japan.

Finances

BUDGET

TMC needs 310,000 yen (US$3000) per month. This includes 290,000 yen ($2800) for facility rental and 20,000 yen ($200) for ministry.

Note: Missionary staff salaries are not carried by TMC.

INCOME SOURCES

TMC is being launched with financial subsidy from the EFC of Canada Mission’s TMC church planting fund. That fund will help TMC through 2016. After that, TMC will need to cover its own costs.

TMC gives thanks to the Lord for meeting our financial needs through the giving of TMCers and TMC partner churches.

福音の真実

カナダ福音自由教会の信仰箇条(2008)*

カナダ福音自由教会(EFCC)は、神の福音に対する共通のコミットメント〜私たちに永遠のいのちを与えるために死なれ、よみがえられたイエスキリストの福音〜のもとに一致した教会連盟です。福音は、信じる人すべての救いのための神の力です。EFCCの根本的な神学的信条は、福音に密接に結びついています。

神の福音は、永遠であり三位一体の神の驚くべき完全さにもとづき、表現されています。
1. 唯一の神であり、万物の創造主であり、聖なる、無限に完全であり、等しく三つの人格を持つ愛なる調和にある父、子、聖霊の永遠の存在を信じます。無限の知識と主権を持ちながら、神は寛大にも自身のために人々を救い、そしてすべてを自身の栄光のために新しくするこという永遠の目的を持っておられます。

神の福音は、聖書に権威をもって明示されています。
2.旧約・新約聖書のどちらにおいても、人をとおして神がみことばを語られたことを信じます。霊感によって忠実に述べられた神の言葉である聖書は、その原著には誤りがなく、神の救いの確かさ、人による知識や試みが神の絶対的権威の下にあることを明らかにしています。それゆえ、聖書が教えるすべてのことを信じ、命令するすべてのことに従い、約束されているすべてのことに信頼するのです。

神の福音のみが私たちの深い必要に応えます。
3. 神がアダムとエバを神に似せて造られ、彼らがサタンに誘惑された時に罪を犯したことを信じます。アダムと同様に、人間は生まれつき、また自らの選択により罪人であり、神から離れ、神の怒りのもとにあります。イエス・キリストによる神の救いのみわざのみにより、私たちは救われ、和解し、新しくされます。

神の福音は、イエス・キリストの人としての姿に究極に明らかにされています。
4. イエス・キリストが神として人の姿を取り、全き神であると同時に人間であり、二つの性質を持つ一人の人格であると信じます。イエス・キリスト、すなわちイスラエルの約束のメシアは、処女マリアに聖霊によりみごもり誕生しました。イエス・キリストは、罪のない人生を送り、ポンテオ・ピラトのもとに十字架に架けられ、死から肉体をもってよみがえり、天に昇り、父なる神の右の座に大祭司また助け主として座っておられます。

神の福音は、キリストの働きをとおして成し遂げられます。
5. イエス・キリストが私たちの身代わりとなり、私たちの罪のための完全な犠牲となり、十字架で血を流されたことを信じます。イエス・キリストの贖いの死と勝利のよみがえりが唯一の救いです。

神の福音は、聖霊の力により働きます。
6. 聖霊によってなされるすべての事が主イエス・キリストに栄光を帰すと信じます。聖霊は、この世に有罪宣告をします。聖霊は罪人を改心させ、キリストと一体となるバプテスマを授け、神の家族の相続人として迎え入れます。さらに、聖霊は内在し、光を照らし、導き、備え、信じる者がキリストのように生き、仕えるよう力づけます。

神の福音は今、新しいコミュニティである教会において具現化されます。
7. 真の教会は、キリストへの信仰のみをとおし、神の恵みにより救われた者により構成されるものであると信じます。教会は、かしらであるキリストの体において聖霊により一つとされます。真の教会とは、会員が信者のみによって構成されている地域教会において具現化されます。福音を目に見える形ではっきりとあらわしたバプテスマと聖餐式の二つの聖礼典を主イエスは命じられました。これらは救いの手段ではありませんが、教会において純粋な信仰で執り行われる時、これらの聖礼典は信じる人を強め、養うこととなります。

神の福音は、私たちがキリストのように生きるよう、世の証し人となるよう強く働きかけます。
8. 神の救いの恵みを、神が私たちを聖別される力と目的と切り離してはならないと信じます。神は、神を究極に愛し、他者を犠牲的に愛すこと、互いを大切にし、貧しい人を思いやり、虐げられた人には正義を示して信仰を実行するよう命じています。私たちは、神のことば、霊の力、キリストの御名による熱心な祈りをもって、悪の霊的な力と闘うのです。キリストの命令に従い、全ての人々の中で弟子を作り、いつもことばと行いにおいて福音を証しするのです。

神の福音は、この時代の終わりに主ご自身により実現されます。
9. 私たちは、主イエス・キリストが御国の完成をもたらし、全ての審判者としての役割を果たされる時、聖なる天使たちと共に、人格的、肉体的、栄光なる帰還をされることを信じます。神のみがその時を知るこのキリストの再臨は、私たちに絶えなる期待を求め、信じる人に敬けんな生活、犠牲的な奉仕と活動的な宣教をするよう働きかけます。

神の福音は、永遠の結果についての応答を求めます。
10. 神は、あらゆる場所の、全ての人に対し、悔いた心で神に戻り、主イエス・キリストを受け入れ、神の福音を信じるよう命じていることを信じます。神が死者をよみがえらせ、世を裁かれることを信じます。神を信じない人には裁きと永遠の刑罰を、信じる人には、新しい天国と世における主と共にある永遠の恵みと喜び、神の栄光なる恵みの賞賛を与えられます。アーメン。

*
カナダ福音自由教会『福音の真実:カナダ福音自由教会信仰個条の神学的解説』(ミネソタ州ミネアポリス:自由教会出版 2011年)3-5.http://www.efccm.ca/wordpress/efcc-national-mission/important-info/statement-of-faith/

ビジョン

東京の、様々な国の人のための教会

世界最大のメガシティであるこの東京に、様々な国の人々に向けた教会があるということは、道理にかなっています。東京に住む人々は、増々多様化しています。主が世界のあらゆる国々から、人々を東京へと送っておられるようです。その上、東京に住む日本人、特に海外生活を送ったことのある日本人が新たな視野を養い、国際化してきています。

調和を重んじることが特有の文化である日本で、TMCはこの文化の多様性を大事にしています。TMCは、あたたかくて受け入れやすい多文化の環境でともに礼拝を捧げ、イエス・キリストに従うことにより、多面的に神様の栄光をあらわしていきたいと願っています。TMCは、将来的には言語グループ(英語、日本語、中国語(北京語/広東語)、タガログ語、ポルトガル語など)に分かれた部を増やしていく予定です。

神様は、天国は多様な文化の礼拝者たちのコミュニティーであること言われます。

その後、私は見た。見よ。あらゆる国民、部族、民族、国語のうちから、だれにも数えきれぬほどの大ぜいの群衆が、白い衣を着、しゅろの枝を手に持って、御座と小羊との前に立っていた。彼らは、 大声で叫んで言った。『救いは、御座にいる私たちの神にあり、小羊にある』
ヨハネの黙示録 7:9-10 新改訳

文化の多様な御国へ向かい歩む旅路まで、この東京で私たちの王への礼拝と奉仕のために私たちは互いに手を取り合いましょう。

TMCの過程

TMC
教会開拓の4つの段階: 計画する(envisioning)、開始する(embarking)、定着する(establishing)、拡大する(enlarging)

私たちの計画段階(envisioning phase)は、2008年から始まりました。開始段階(embarking phase)は、2013年に始動しました。2017年までには、定着段階 (establishing phase)を確立し、2018年から拡大段階(enlarging phase)に入っていきたいと願っています。拡大段階(enlarging phase)は、この4つの段階をまた東京の他の地において開始していくこととなります。

リーダーシップ

初年度のTMCのリーダーシップの話し合いと取り決めは、コア・グループ内で持たれます。コア・グループは、母教会であるMCCから教会開拓に関わった4名で構成され、年間をとおして新たにメンバーが加えられる可能性があります。次年度以降は、教会全体のリーダーシップ・チームを選出する予定です。

TMC
に言語ごとの部(グループ)が加わったら、各言語の部を運営するリーダーシップ・チームを構成していきます。しかしながら、各言語の部が集まった教会全体のリーダーシップ・チームは、英語を使用します。

Stacks Image 5852

リトル・デイル、アン

デイルとアンは、TMCの教会開拓を主導する夫妻です。デイルとアンは、1984年から2004年まで米国福音自由教会リーチグローバル(EFC of America ReachGlobal)の宣教師として仕えました。その間、名古屋圏の福音自由教会を開拓、リーチグローバルの働きを主導しました。2004年以降は、カナダ福音自由教会宣教団(EFCCM)の宣教師として東京の1つの教会を開拓、その他牧会をしました。デイルは、非常勤で神学を教えています。夫妻は、米国イリノイ州シカゴのトリニティ福音神学校の神学部を卒業しました。アンは米国メイン州出身。デイルはカナダ人ですが、日本で宣教師の子として生まれ育ちました。3人の子どもたちは結婚し、現在は米国に住んでいます。

デイルとアンのプロフィール:http://tokyolittles.net/about/
デイルの学問面のプロフィール:http://itheology.net/cv.html

Stacks Image 1023

ドュエーン・ディーツ

デュエーンは、2014年6月よりTMCの日本語部を主導しています。1986年より米国福音自由教会リーチ・グローバル(EFCA ReachGlobal)の宣教師として日本のミニストリーを開始しました。カナダ福音自由教会宣教団(EFCCM)とTMCで仕える前は、名古屋地区、京都、長野県上田市、福岡で教会開拓牧師として仕えてきました。米国ウィスコンシン州ミルウォーキー出身で、シカゴのトリニティ福音神学校の神学部を卒業しました。
Stacks Image 5840

ジョン プリンス

ジョンは、カナダ福音自由教会宣教団(EFCCM)をとおして2016年2月より多文化の観点からTMCを主導し、全言語部で仕えています。ジョンは、宣教師の子として日本で育ちました。米国イリノイ州シカゴのトリニティ福音神学校の神学部を卒業しました。米国福音自由教会リーチ・グローバル(EFCA ReachGlobal)の宣教師として、主に関西地区にて20年間教会開拓に携わった後、米国ミネソタ州ミネアポリス近郊の大学のクリスチャン・ミニストリーの文化コンサルタントとして10年間仕えました。その間に、妻が癌のため天に召されました。ジョンには3人の子どもと2人の孫がいます。

Stacks Image 5854

ケビン & グレイス フイ

ケビンは、TMCの中国語部スタートのためTMCに仕えています。ケビンとグレースは、マカオ福音自由教会ゴスペルセンターの会員で、2017年春にTMCにマカオ福音自由教会宣教団より派遣されました。ケビンはポルトガル国籍、グレースはマカオ市民です。ケビンは2015年に東京基督教大学の英語による神学と文化プログラムを修了しました。在学中、TMCの主要なパートナー教会である武蔵野福音自由教会(英語部)とTMCにてインターンとして奉仕していました。

つながり

主なパートナー教会

TMC
の主なパートナー教会は、吉祥寺駅近くの武蔵野福音自由教会(武蔵野チャペルセンターMCC)の英語部です。TMCの教会開拓構想は、2008年にMCCのリーダー間で誕生しました。TMCMCCは、母の日礼拝のピクニックなど、様々な形でつながりを持っています。

海外のパートナー教会

TMC
は、海外(日本以外)にTMC4年間の施設費用のために月最低100ドルを献金することを約束してくださった5つの海外のパートナー教会があります。引き続き、TMCの海外パートナー教会を探しています。

Cayucos Community Church (
カルフォルニア州カユコスの福音自由教会)
Peoples Church (
ミシガン州ピンクニーの福音自由教会)
Trinity EFC (
コネチカット州ウッドブリッジの福音自由教会)
First EFC of Maine (
メイン州ウエストブルックの福音自由教会)
Watertown EFC (
ミネソタ州ウォータタウンの福音自由教会)

福音自由教会 (EFC)

TMC
は、福音自由教会です。TMCは、カナダ福音自由教会と米国福音自由教会と最も密な関係を持っており、当面、日本福音自由教会との関係は明確ではありません。

財政

予算

TMC
は、月額31万円(3,000米国ドル)を必要としています。この金額には、月額の賃料29万円(2,800米国ドル)と教会での働きの(ミニストリー)費用20,000円(200米国ドル)が含まれます。

備考:宣教師スタッフの給与は、TMCからは支払われていません。

Gospel Truths

加拿大播道會 –– 信仰宣言
英文修訂第一稿 (04/23/2007) 中文修訂第一稿(01/30/2008)

加拿大播道會是一個由共同相信耶穌基督從死裡復活、並賜我們永生之福音的自立教會聯合組成的團體。 神的榮耀就是這福音本是神的大能,並要救一切相信的人。我們基本的神學理念,是基於確信這福音。

1. 上帝的福音源於及彰顯出永恆三一真神的奇妙完美。
我們相信獨一的上帝,萬物的創造者,是聖潔、絕對完美、永存永在,在愛中契合、同尊同榮、三位一體:聖父、聖子、聖靈的上帝。祂擁有無窮的知識,和至高的能力,上帝從亙古就有仁厚的目的,定意要因祂自己救贖世人,並因自己的榮耀把萬物更新。

2. 上帝的福音在聖經裏滿有權威地顯明出來。
我們相信上帝透過新舊約聖經向人說話;聖經是藉人手記錄的,是上帝的默示,原文是無謬誤的,是上帝對人類救贖計劃的完全啟示,是人類世界知識和行為之終極判斷準則。因此,必須相信聖經所有的教導,服從聖經所有的要求,並信靠聖經所有的應許。

3. 上帝的福音本身就能滿足我們最深層的需要。
我們相信上帝按祂的形象創造亞當和夏娃,但他們被撒但引誘犯罪。因著亞當,世人在本性上和人性的抉擇上都是罪人,與神隔離。在祂的震怒下,惟有透過上帝在耶穌基督裡的拯救,我們才可以得蒙拯救、復活和更新。

4. 上帝的福音藉耶穌基督本身可以全然明白。
我們相信耶穌基督是上帝道成了肉身,是完全的上帝、也是完全的人,一個位格有兩個屬性。耶穌上帝應許以色列的彌賽亞從聖靈感孕,為童貞女馬利亞所生。祂一生無罪,在本丟彼拉多手下被釘於十字架,從死裡肉身復活,升到天上、坐在天父上帝的右邊,作我們的大祭司和中保。

5. 上帝的福音是藉著基督的工作而成就。
我們相信耶穌基督成了我們罪的承擔者和替代者,在十架上流出寶血,成了完美、全備的祭品。祂因贖罪的捨命和得勝的復活成了救贖的唯一根基。

6. 上帝的福音是藉聖靈的大能而施行
我們相信聖靈所作的一切工作是要榮耀主耶穌基督。祂叫世人知罪。祂使罪人重生,並且在祂裏面,罪人接受洗禮是與基督聯合,並且被收納成為上帝家中的後嗣。祂也住在信徒心中、光照、引導、裝備、及賦與信徒能力,叫他們活出基督的樣式,侍奉上帝也服務他人。

7. 上帝的福音如今在稱為教會的新群體當中具體表現出來。
我們相信真正的教會是由那些在上帝的恩典下,單單在基督裏藉著純一的信心,被稱義的信徒所組成。他們被聖靈連合成為基督的身體,連於元首基督。在各地方教會,因其會友都是由信徒組成,真正的教會就在此顯明了。主耶穌設立了兩個禮儀,洗禮和聖餐,都是具體地表達了福音的意義。這等禮儀並不能使人得救,然而,教會因真誠的信心施行這等禮儀時,就可以鞏固和培育信徒。

8. 上帝的福音囑咐我們要活出基督的樣式並向世人作見證。
我們相信上帝稱義的恩典,是不會與祂叫人成聖的大能和目的分開的。上帝命令我們用至高的愛去愛祂,又用犧牲捨己的愛去愛別人,同時以彼此關顧去活出我們的信仰,對貧窮人施憐憫,為受逼迫者行公平。我們要以上帝的話語,聖靈的能力,並奉基督之名懇切的祈禱,與邪靈勢力爭戰。我們要遵行基督的大使命,使萬民作主的門徒,要經常以言以行見證福音。

9. 上帝的福音將會由主基督自己在末世的時侯全然成就
我們相信主耶穌基督會親自以肉身榮耀地再臨。在祂的聖天使陪同下,祂的國度全然成就,祂要審判全世界。基督何時再臨,只有上帝知曉,然而信徒必須時刻期待,讓這榮耀的盼望激勵我們過敬虔的生活,作捨己的侍奉,及積極地承擔使命。

10. 上帝的福音要一個願意承受永恆後果的回應
我們相信上帝吩咐全地的人都要相信福音,藉著認罪悔改和接受主耶穌基督,歸回上帝。我們相信上帝會使死人的身體復活,並審判世界,確定不信的人接受判罪和永遠有知覺的刑罰,又確定信徒在新天新地中與主同享永恆的福樂,使祂榮耀的恩典得著稱讚。阿們。

異象

這是一間為東京內不同國藉之人而設的教會

在世界最大的超巨型城巿東京、由於不同文化背景的居住人口急劇增長,所以便建立這間為不同國藉人士而設的教會。這是因為主把世界各地不同種族的人,和很多曾出國、具備嶄新視野及國際化的日本人帶到東京來。

東京多元文化基督教會在這個主張一致性的國家中、強調文化的多元性。TMC期望以既溫馨又開放的多元文化型式來敬拜並順服耶穌基督、藉此而多方面地顯明神的榮耀。TMC將設立多種語言的部門(英語、日本語、普通話、粵語、菲律賓語及葡萄牙語等)

神計劃中的天國是一個有來自多元文化背景的敬拜者之群體:
此後,我觀看,看見有許多人,沒有人能計算,是從各邦國、各支派、各民族、各語言來的,站在寶座和羔羊面前,身穿白衣,手拿棕樹枝,大聲喊著說:「願救恩歸於坐在寶座上我們的上帝,也歸於羔羊!
(啟示錄7章9-10節、和合本修訂版)

當我們開始那個多元文化國度的旅程時、我們可以一同敬拜和事奉我們那位在東京的大君王。

TMC植堂階段

TMC植堂計劃共分4個階段:構思期(envisioning)、開展期
(embarking)、建立期(establishing) 及擴張期(enlarging)
我們現正於建立期(2014-2020),同時亦重叠於擴展期中
(2018-2021)。我們透過建立不同語言的部門、開始小組聚會及招募一對承傳教會異象的宣教士夫婦來建立TMC。為了擴展TMC、我們現正祈禱並計劃在東京的另一個地點開始第二間TMC

詳細內容可登入Dale Little牧師的網站: https://www.tokyolittles.net/ministries/tmc/


領袖

首年、TMC的核心小組擔當研討及決策的領導職務。核心小組最初四位成員來自MCC,其後組員在該年內逐漸增加。翌年、教會的領導團隊便被選出。

TMC增加不同語言的部門,每個部門都有各自的領導團隊以他們的語言來當領袖;但同時、英語是全教會領袖團隊的共通語言。

Stacks Image p5881_n2

Dale Ann Little夫婦

Dale Little牧師和 Ann師母是TMC植堂的夫婦。他們於1984年起在日本宣教事奉,Ann師母來自開普伊麗莎白、緬因州,而Dale牧師則是出生並成長於日本的宣教士子女、他從英屬哥倫比亞溫哥華中成為加拿大公民。他們的三位兒女、現全居於美國。

更多認識Dale Ann 夫婦: http://tokyolittles.net/about/
Dale 牧師的學術研究: http://itheology.net/cv.html
Stacks Image 5883

Duane Dietze

Duane 1986年起透過美國播道差會(EFCA ReachGlobal) 在日本開始植堂事工。他是美國威斯康星州、密爾沃基人。他在威斯康星州的大學畢業、並於芝加哥(Trinity Evangelical Divinity School)完成神學訓練。他曾於日本的名古屋地區、京都、長野縣上田巿及福岡事奉,他於20146月起加入TMC作同工。
Stacks Image 5886

Jon Laura Prins 夫婦

Jon Laura 是加拿大播道差會(EFCCM)的宣教士。Jon TMC提供多元文化的視野。他是在日本長大的宣教士子女,並於美國伊利諾伊州芝加哥(Trinity Evangelical Divinity School)完成神學訓練。他為美國播道差會(EFCA ReachGlobal)於西日本植堂20年後,於美國明尼蘇達州明尼阿波利斯巿的大學校園事工擔任文化顧問;前妻於此期間因癌病回天家、他有三位兒子及兩位孫兒。Laura2018年與Jon結緍後,加入TMC成為宣教同工。她於日本播道會(福音自由教会)教授英語外展班長達20年、現時她仍繼續該事工。
Stacks Image 5889

Kevin & Grace Hui

Kevin is helping to launch TMC’s Chinese Department. Kevin and Grace are members of the EFC Macau Gospel Center and were sent from the EFC Macau Mission to TMC in the spring of 2017. Kevin holds a Portuguese passport and Grace is a citizen of China Macau. Kevin graduated from the English theology and culture program of Tokyo Christian University in 2015. During his internships he was placed at TMC’s primary partner church, Musashino Chapel Center (English Department), and TMC.

聯繫

主要合作教會
TMC的主要合作教會是位於靠近吉祥寺車站的武藏野播道會(Musashino Chapel Center—MCC)的英語部。TMC的植堂計劃由2008年開始,來自於MCC的領袖團隊。TMCMCC有多方面的聯繫、包括每年一次的母親節聯合戶外崇拜及野餐聚會。

海外合作教會
TMC亦有3間為TMC設施費用每月認獻100美元以上的海外(日本國以外)合作教會,而TMC現在仍然繼續物色海外合作教會!

Peoples Church (密歇根州、平克尼播道會)
Trinity EFC (康涅狄格州、伍德布里奇播道會)
First EFC of Maine (緬因州、威斯布魯克播道會)

TMC與加拿大播道會和美國播道會的聯繫最為密切,她亦是與日本播道會(福音自由教会)合作的事工。

財政

預算

TMC每月需要32萬日元(2,900美元)經費;主要支出是29萬日元(2,600美元)租金及3萬日元(300美元)事工費。

收入

TMC是由播道會加拿大差會TMC植堂基金資助下而開始的;目前TMC奉獻收入巳足以抵銷教會九成的設施及事工費,教會的所有宣教同工需要自籌經費,他們的薪金並不包括在教會預算內。

TMC感謝主透過會眾及TMC合作教會的奉獻來供應教會的財務需要。